2019年12月 
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031 

9.5 救命救急講座 乳幼児へのAEDの使い方

[ テーマ: 地域交流事業 ]

2019年9月19日15:29:08

 救命救急講座

ー乳幼児へのAEDの使い方・誤飲の時の対処法ー

 

9月5日(木)は、金沢消防署・東富岡消防出張所の石川
所長による、救命救急講座を開催いたしました。

         救命救急講座

まずは、家庭でよく起こる事故についてのお話から。
誤飲、誤嚥て聞いたことありませんか?

 ・誤飲(ごいん)とは、食べ物ではないものを飲み込むことです。

 ・誤嚥(ごえん)とは、食べ物が食道ではなく気道に詰まることです。

誤飲してしまった物によって異なる対処法や、気道に入ってしまった異物除去の方法として、背部叩打法、ハイムリック法を実践を交えながら説明を受けました。

 

次は呼吸をしていない、心臓が動いていない、などの緊急時に行う心臓マッサージの方法を学びました。

目安は1分間に約100回の圧迫、それを30回連続で行うことが目標です。
何らかの反応を示すか、意識を取り戻すまで、または救急隊到着まで続けてください。

  乳児の場合(両乳頭を結ぶ線の真ん中より少し下の位置を二本指で)

                        

                救命救急講座

   

             幼児の場合(胸の真ん中を両手で)

                        

    救命救急   心マ            

 

 

 石川所長の指導の下、本物のAEDの使い方も体験しました。 

  aed       救命救急口座

                                                                     

皆様とても真剣にお話しを聞いて、様々な質問もしていました。

 「誤飲は、100%親の責任である」という言葉は、とても印象深いものでした。

「忙しい時間帯こそお子様の様子に気を付ける」「赤ちゃんの身の回りに飲み込める大きさのものを置かない」など、大切なポイントを頭に入れておいていただけたら幸いです。

かけがえのないお子様の命を守るために、予防は何よりも大切です。

それでも、もしもの事態が起こったら、今日の講座で学んだことが必ず役に立つと思います。

皆様、本日はご参加ありがとうございました!